最新ニュース


こちらの展示会は終了致しました

ありがとうございました。

姫川明輝
企画展示会 第三弾!

狩鷹

鷹で繋がる縁展
2022年7月22日~24日
京都にて開催

コロナ禍を乗り越え、3年振りに開催される京都祇園祭で、応仁の乱以前より巡行していた由緒ある山鉾でありながら、文政9 (1826)年以降休み山となっていた「鷹山」が、196年振りに完全復活を果たします。

 

それを記念し、また鷹山の3体の御神体人形が「鷹狩り」を表現していることにちなみ、世界中にファンを持つ漫画家でありアーチストの姫川明輝の鷹の墨絵と、現役の鷹匠であり450年以上の伝統を繋ぐ諏訪流放鷹術第十八代宗家の大塚紀子鷹師によるコラボレーション展示会を開催いたします。

 

 【展示概要】

 196年振りに復活する「鷹山」にちなみ、鷹を主題に、姫川明輝が手がける鷹の墨絵新作とコミック、鷹匠が実際に使用する装束・道具の展示ほか、諏訪流放鷹術に関するバネル展示など。諏訪流放鷹術については大塚紀子鷹師が在廊し、ご説明するという、たいへん貴重な機会となります。

 

  • 個展名
    狩鷹 -鷹で繋がる縁(えにし)展-
  • 開催日
    2022年7月22日〜7月24日
  • 時間
    11時~18時
    (7月24日最終日は17時まで)
  • 会場:ちおん舎
  • 入場:無料
    ※同時開催『鷹匠の技とこころ展』

 

縁 (えにし)の糸を辿ったら、そこに鷹がいた。

 

子どもの頃に最初になりたかったもの、それが〝鷹匠〟です。猛禽類の獲物を狙う鋭い目線とその無駄のない姿に惚れました。そして中学生の時に読んだ戸川幸夫の小説「爪王」に憧れたものの、鷹や鷹匠はとても遠い世界の事に思えて、まだ子どもだった私はどうして良いかわからず、その憧れや想いを絵に描いていた毎日でした。

 

そして大人になり、漫画家になり、日々の生活に追われてその想いは胸の底に仕舞われたまま年月が経ち数十年後。


縁あって2013年UAEアブダビの乗馬狩猟展示会 (ADIHEX)に鷹と鷹匠のイラストを描いて参加したのがきっかけで、一人の女性の鷹匠の方に出会います。大塚紀子さん。日本の鷹匠として毎年ADIHEXに参加していらっしゃる彼女と出会った事で、二次元とリアルがここで初めて繋がりました。

 ADIHEXでの出会いがきっかけで、以降も大塚紀子さんとの交流は続き、東京・御嶽にある庵にお邪魔し鷹や放鷹を何度か見せて頂きました。昨年逝去された第十七代宗家の田籠善次郎師匠ともお話をしていくうちに「いつか鷹狩りを主題にした作品を描いて欲しい、日本の鷹狩りをもっと世の中に知って貰いたい」と想いを伝えられ、リアルな〝鷹匠〟が突然近いものになりました。

師匠がご存命中にそれが実現出来なかった事が、心に残ります。その田籠師匠の意思を継がれた大塚さんは、現在は日本の伝統ある鷹狩り流派・諏訪流放鷹術の第十八代宗家です。

 

そして〝鷹山〟の御縁。2021年11月狼の墨絵展『四天神狼』を開催した京都ちおん舎。

ちおん舎オーナーの西村吉右衛門さんは偶然にも鷹山保存会の副理事長でした。そして今年2022年はコロナ禍で中止を余儀なくされた京都祇園祭の開催が3年ぶりに決定、山鉾に鷹山の山車が196年ぶりに復活するというタイミングだったのです。


この機会に、ちおん舎で鷹の墨絵展が出来たら素晴らしい!と思い立ち、同時に大塚さんにお声をかけ諏訪流放鷹術を紹介する展示のコラボレーションが実現する運びになりました。

 

遠かった鷹の羽音がどんどん近くなる… 絵描きとしての自分、諏訪流放鷹術、ちおん舎。様々な偶然。鷹が導く縁が繋がっている。

 

風合瀬 (かそせ)はちおん舎にあり。

 

 

2022年7月吉日   姫川 明輝



姫川明輝・本田安桂美 プロフィール
Akira Himekawa・Akemi Honda 

アニマルアーチスト。主なモチーフは御眷属・霊獣、狼、馬。自然から得るインスピレーションを内から湧き出る描線で綴る。

1991年漫画家デビュー。「ゼルダの伝説」の漫画化を20年以上に渡り手がけ、米国を始め海外において高い人気を得る。

2021年京都ちおん舎にて初のソロ画展 『真神水墨祈願絵展 -四天神狼-』を開いた。
2022年5月『四天神狼・東京巡回展』開催。

姫川明輝は1987年に結成された本田安桂美・長野勢都香のユニット作家名。

2021年9月姫川明原画展~マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる~ (京都国際マンガミュージアム)

2022年1月姫川明原画展~マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる~巡回展(石ノ森萬画館)

 

 

姫川明輝 Website
https://www.himekawaartpro.com/

 


大塚紀子 プロフィール

Noriko Otsuka

 取訪流鷹師。1971年生まれ。

早稲田大学在学時の卒業論文「鷹狩と日本文化」をきっかけに鷹匠の世界に興味を持ち、諏訪流鷹匠(第17代宗家) 田籠善次郎氏に弟子入り。2007年、女性初の鷹匠認定試験に合格する。

2015年、諏訪流第18代宗家に就任。2021年、諏訪流放鷹術保存会会長に就任し、門下生の育成を行いつつ、国内外で日本の鷹狩文化を伝え残す活動をしている。著書に「鷹匠の技とこころ」(白水社 2011 )、月刊「遠州」連載『鷹狩と儀礼の文化』(2016)他。

諏訪流放鷹術保存会 Website
https://suwa-falconers.com/

 


姫川明輝個展 「狩鷹 -鷹で繋がる縁展-」は、以下メディアにて掲載・紹介されています。ありがとうございます。併せてチェック頂ければ幸いです。

 



ブログ

 狩鷹展 ~ 鷹で繋がる縁展 ~の様子をブログにも掲載しました。

http://seisaku.himekawaakira.com/?eid=1108480

 

無事終了致しました。

昨日、個展〈狩鷹〉終了しました。鷹山の近くで沢山の方に見て頂けました。おめでたい日に来場下さり又お世話になった皆様方本当に有難うございました。詳しくはまたレポートにて。


実演

会場では、本田先生の実演も行われました。2日目は和紙に墨で鷹2枚、龍2枚。3日目は、鷹山の舞台飾りの幕に麒麟が描かれているので挑戦。麒麟には平穏な世の中への願いが込められています。

会場内の様子

鷹山 山鉾


ご来場ありがとうございます

竜巻竜次先生とエミリーさん、ニンドリの元編集長のサオヘンと、四天神狼Tシャツを制作して下さったエディットモードの江南さんに、来展頂きました。ありがとうございます。

お花

鷹野嶺・桑原忍ご夫妻様から夏らしい向日葵の花束、HASEO様から白とグリーンの華やかなアレンジメント、那須 蘇る九尾狐/プロジェクト9b推進委員会 鈴木和也様から可憐な胡蝶蘭を頂きました。ありがとうございます。

新聞掲載

7月22日発行の朝日新聞 さん、そして京都新聞 さんにて、狩鷹 ~鷹で繋がる縁展~をご紹介頂きました。誠にありがとうございます。

オンラインでは有料会員記事となっておりますが、チェック可能な方は、ぜひ読んで頂ければ幸いです。


お香販売のお知らせ

ローズ、沈香、白檀をベースに鷹、狼、九尾の狐をイメージした香りを配合した、本格的なお香3種「瑞運香」が遂に出来上がりました。お香の制作は創業85年の名古屋の『香源』さん。狩鷹展で初販売します。

【狩鷹】ポストカード

【狩鷹】のポストカードを本展で販売しております。来場記念にぜひ。

【狩鷹】記念手ぬぐい

紺と白のコントラストがカッコいいアート手ぬぐいです、こちらもぜひ!

5月の『四天神狼in東京』で制作販売した『割れた殺生石瑞運手ぬぐい』4種も狩鷹展で扱います。切れていた墨も再版出来ました。  お見逃しなく!


狩鷹 〜鷹で繋がる縁展~

多彩な鷹の絵と、日本伝統の鷹狩の本物の鷹道具と鷹匠に出会えます!入場無料、お気軽にお越しください

狩鷹 開催中

昨年ゼルダ原画展と同時期に開催した「四天神狼墨絵展」の京都 ちおん舎にて、鷹をテーマにした「狩鷹 〜鷹で繋がる縁展」を24日まで開催しています。祇園祭 真っ只中、196年ぶりに復活した山鉾の鷹山 が座するすぐ隣での開催です。是非祭りの中、お立ち寄り下さい。

7/22から/24まで

『狩鷹〜鷹で繋がる縁展』開催します! 昨年の『四天神狼』に続き今回は鷹山復活に合わせた展示会になります。会場のちおん舎のオーナー西村さんが鷹山保存会の副理事長であったところからのご縁です。鷹絵と鷹匠がお迎えします。ぜひのお越しを。


記者発表会

いよいよ2022年7月22日~24日 京都にて「狩鷹 -鷹で繋がる縁展-」が開催されます。

これに先駆けて 7月21日午前11時より、展示会会場である ちおん舎 にて、メディア向けの記者発表会を行います。

ご参加をご希望の媒体社様は、お手数ですが会場となる ちおん舎 までご連絡頂ければ幸いです。

鋭意制作中

「今回の展示会は墨絵遊びとリアルなイラスト的な墨絵と出来ないかなと思っている。あとは漫画的なものも良いな、と思ってます」2022/6/16 tweet より

展示会では、姫川明輝の鷹の墨絵 最新作と共に、少年鷹匠とハヤブサの友情を描いて児童文学賞を受賞したUAE初の漫画単行本「Gold Ring」を始め、鷹にまつわる作品・イラストを展示紹介します。

 

チラシ裏面

日本古来の鷹狩を代表する流派の一つである諏訪流放鷹術の代表・大塚紀子さんとコラボレーション。諏訪流放鷹術を紹介するパネル、鷹狩に使用する道具の現物を展示、ご希望の方には大塚さんから説明もして頂けます。併せてお楽しみ下さい!



こちらの展示会は
終了致しました

ありがとうございました。


四天神狼II in 東京

~百八つの祈りと咆哮~

姫川明輝

真神水墨祈願絵展

2022年5月2日~8日開催
(巡回展)

2021年11月 京都にて開催した姫川明輝個展「四天神狼・真神水墨祈願絵展」が、東京でも開催される事になりました。

  • 開催期間:2022年5月2日~5月8日
  • 時間:10時30分~18時
    初日5月2日は12時~18時
    最終日5月8日は10時30分~15時まで
  • 会場:ギャラリーくぼた 1F 
  • 住所:東京都中央区京橋2丁目7-11
  • 会場アクセス他
    http://gallery-kubota.co.jp/
  • 入場料:無料

昨年京都で開催した時の様子は以下リンクより御覧頂けます。
展示会ログ:四天神狼 真神水墨祈願絵展

 

ご好評を頂いた昨年の京都展に続き、この度東京での巡回展を開催する運びとなりました。2020年社会が動きを止めたコロナ禍の只中で毎日無心に墨を擦り筆を取り描き出した108日間を経て生まれた「真神水墨祈願絵」。108の真神たちが、一旦閉じた目を再び刮目し2022年の世に語りかけるものは、平和への祈りにほかならないかと思います。真神が睨みつけ牙を剥く先にあるものは、数多の災い。我々の世界を無辜の魂をそれらから守り遠ざけて下さる事を心より祈念し、ご覧頂いた方にとっての魔除けとなる一枚を見つけて下されればと思います。(本田安桂美)

 


こちらの展示会は
終了致しました

ありがとうございました。


姫川明原画展

-マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる-

2022年1月22日〜4月10日
宮城県石巻市 石ノ森萬画館
(巡回展)


こちらの展示会は
終了致しました

ありがとうございました。


姫川明原画展

-マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる-

2021年9月18日〜12月26日
京都国際マンガミュージアム

姫川明原画展 ‐マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる‐ が、2021年9月18日から12月26日まで、京都国際マンガミュージアムで開催。大盛況の後 無事に閉幕いたしました。展示及びイベントに来場下さった皆様誠にありがとうございました!


こちらの展示会は
終了致しました

ありがとうございました。


四天神狼

真神水墨祈願絵展

2021年11月21日~11月23日


こちらの展示会は
終了致しました

ありがとうございました。


蘇る九尾狐展

2020年10月2日〜2021年1月3日